LINEでの出会いや婚活について

直接会ったのはほんの何回かであとはLINEの受け応えだけという事も、婚活Webページや婚活パーティなどで出会った人のケースよくある事です。

それによりLINEの受け応えだけである程度相手に関心を持ってもらわなければ、第二に会う約束を取り付けるのも持て余すかもしれません。

LINEで相手に好フィーリングをもってもらう絶頂ピストンメソッドを解説します。

LINEにはスタンプ働きがあります。

男性がスタンプを駆使しすぎると女にひかれてしまう見込みがありますので、頻度には用心してください。

たまに使用するのが成果的です。

いつもあまり絵文字を使わないクールな感触の男性が、愛くるしいスタンプを使って送ると、いつもとは違う貴女のギャップに彼女が喜んでくれるかもしれません。

よくみんなが使っているスタンプではなくちょっと珍しい膣開発法などを使えば、そこから話が盛り上がると考えます。

そしてLINEにはイメージや動画を造作なくに送れるパフォーマンスがあります。

女の返事が遅いなと感じだ事例、遅いからといってデフォルト「如何にしたの?」とか「相当返事がないけど元気?」などとダイレクトに女子の返事がない事を問い詰めるのではなく、ささやかな面白イメージなどで様子を伺うといいと考えます。

わずか返信が遅れていた女子もそれにそれに対し反応しやすいと考えます。

特に筆不精で驚いたことにメッセージを送ったらいいのか悩んでいた女のケースには、その挿絵や動画をきっかけとして話を進める事ができます。

しかし数多く写真を送ったり、長い動画を送ったりするのはやめましょう。

ほんの1、2枚の挿絵あるいは短い数秒程度の動画がイチ押しです。

返信の遅い女に反対に、次回会う約束を巧妙にとりつける手法としては、具体的に日にちを提示して誘った最後に、「〇日くらいまでに返事をもらえると助かります。

」と期日を自然に添えるといいと考えます。

女がわずかでも会いたいと思ってくれていれば、その提示された日にちに都合が悪ければ、代替案を助言してくれるはずです。

期日を設けるのは、その日にちまでに返事がなければ脈なしだと男性も決断しやすいからです。

婚活しているわけですから、脈のない女子に対していつまでも待っているわけにはいきません。

それでだめなら心境を転換て第二にいきましょう。